最新筋トレ情報局!筋トレで腹筋、背筋を鍛えよう

メタボリックシンドロームは重い病気を引き起こす要因となります。メタボリックシンドロームの診断基準を理解して健康なカラダを維持しましょう。

メタボリックシンドロームの診断基準

内臓脂肪型の肥満に、高血糖、高脂血症・高血圧などの生活習慣病が重なった状態のことをメタボリックシンドロームといい、別名「内臓脂肪症候群」とも呼ばれています。メタボリックシンドロームになると、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞などの病気になる危険性が飛躍的に高まります。

大量の内臓脂肪が溜まることで、最悪の場合は突然死をもひきおこすのがメタボリックシンドロームです。日本でもここ数年、メタボリックシンドロームの患者が増加傾向にあり、40代以上の女性5人に1人、男性2人に1人がメタボリックシンドロームになっているか、その予備軍といわれていて、およそ1960万人にのぼるということです。

日本内科学会や日本動脈硬化学会など8学会が協力して、国内でのメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の診断基準を公表しました。それによると、ウエストサイズが、男性85cm以上、女性90cm以上で、次の(1)〜(3)のうち2つの基準にあてはまる場合がメタボリックシンドロームになります。

(1)空腹時の血糖値が110mg/dl以上 (2)中性脂肪が150mg/dl以上か、善玉のHDLコレステロールが40mg/dl未満 (3)最高血圧が130mmHg以上か最低血圧が85mmHg以上

内臓脂肪が蓄積したうえに高血糖、高脂血症、高血圧が重なると、お互いに悪い方向へ高めてしまう「死の四重奏」を生み出してしまいます。それぞれは軽度な異常でも症状が重なることで、血管が痛めつけられ動脈硬化となり、心筋梗塞や脳卒中をひきおこす可能性が高くなります。
メタボリックシンドローム対策

筋トレコラム

Copyright 2007-2013最新筋トレ情報局!筋トレで腹筋、背筋を鍛えよう All Rights Reserved.