トレーニング部位を変える

特定部位のみトレーニングをしたいという人は別にして、初心者の人は腹筋、大胸筋、 腕、脚など日によりトレーニングする部分を変えてみましょう。

こうすることで、筋肉痛を回避できますし、超回復の効果を取り入れることができます。何度もいいますが、筋トレ初心者にとって筋肉痛が一番の大敵なので、自分の筋力の限界を超えるようなトレーニングはしないようにしましょう。

筋トレコラム

Copyright 2007-2013最新筋トレ情報局!筋トレで腹筋、背筋を鍛えよう All Rights Reserved.